雑貨商品を取り扱う物流事業担当者必見!商品の特徴からみえる物流代行を依頼する際のポイント

ワザモノ編集部

2020-10-09

年々、利便性が高まってきている通販市場ですが、全体の売上高でみてみると10年前と比べて約10兆円規模も増加しています。通販市場の中でもここ数年で普及し始めたフリマサイトにおけるCtoCの個人間取引も毎年10%ほどの伸び率で推移しています。それに伴い、物流代行を行っている、行いたいと考えている企業も多いことでしょう。今回は、通販市場における雑貨商品に注目を当て、商品の特徴から見える物流代行を依頼する際のポイントを紹介していきます。

 

雑貨商品の物流代行ポイント1:スピーディーな運用ができる

 

さまざまな商品が通販で展開されている中でも、雑貨商品は季節商品や限定品など他の商材と比べても入れ替わりが非常に早いです。そのため雑貨を販売するECサイトでの入荷時の特徴は少量多品種で運用されているケースが多いです。

 

それに伴って一概に発送代行サービスを提供している会社へ委託できるかは検討する必要があります。その理由として、物流代行業者によってそれぞれ得意とする分野がことなっているからです。

 

特に雑貨商材は入れ替わりが早いためスピードが重視されます。そのため、スピーディーな運用を行ってくれる代行業者を選ぶ必要があります。

 

雑貨商品の物流代行ポイント2:十分な保管スペースと人員

 

雑貨商材を扱うことで悩んでしまうところでは、サイズが統一されている商品が少なく家電などよりも箱サイズが大きいものを取り扱うケースがあります。サイズが大きいことにより保管スペースや坪も人員も他商材より必要になります。

 

そのため、十分な保管スペースが確保できる倉庫を持っている代行業者かつ、十分な作業人員を確保できることもポイントといえます。さらに、さまざまな商品を扱う雑貨だからこそ、保管倉庫の設備が整っていることも注目すべきポイントです。

 

雑貨商品の物流代行ポイント3:品質を落とさず出荷できるか

 

商品の注文を受けてからピックして梱包出荷する工程においては、その時々によって注文件数が変動しているため極端に注文数が増えると商品を入れ違えてしまうことが発生してしまいます。

 

誤出荷などは自社の信用問題にもなるため、受注から出荷までをシステム運用している代行業者を選ぶことが必須となります。一方でそうしたシステムを導入していても入れ間違えが発生してしまうことも十分にあり得ます。

 

ミスが少なく、信頼性の高い会社を選ぶことは自社のイメージを向上にもつながってきますので、業者を選ぶ際の大切なポイントと言えます。

 

雑貨商品の物流代行ポイント4:返品などの業務も迅速に対応してくれる

 

商品の流れは消費者などに届けて終わる場合もあれば、箱が損傷したことや急な受取辞退などにより返品される場合があります。個人だけであれば少量ですが、企業から返品されてしまった場合は大量の商品が戻ってくることもあります。

 

返品された場合は、再利用できるものや処分するものなど選別しなくてはならず、自社で運用するには負担が大きくなります。こういったことも代行業者で対応してくれるところもあります。

 

返品業務などを行っている発送代行業者の中でも、素早く、丁寧に対応してくれる業者を選ぶようにしましょう。

 

雑貨商品の物流代行ポイント5:細かい注文も受け入れてくれる

 

納品先が個人であれば一般的な梱包でほとんど問題ありませんが、企業向けの納品となると細かい取り決めがされています。この場合、細かい基準をとおらないと受け取ってもらえないケースもあるため注意が必要です。

 

自社だと基準に合わせられるか試行錯誤しなくはならないため、社員の負担やコストも費やしてしまいます。

 

こういった業務を委託するのであれば、細かいことも受け入れてくれるかつ、それぞれに品質を落とさず業務を行ってくれる信頼できる代行業者へ依頼することが大切です。

 

雑貨の物流代行はニューウェイへお任せ!ニューウェイのサービス4つの特徴とは

 

流通のスペシャリストであるニューウェイでは、これらの業務のアウトソーシングサービスをご提供しています。雑貨の取り扱いはもちろん、さまざまな商品の物流業務をアウトソーシングいただけます。

 

ニューウェイのサービスは大きく4つの特徴があります。

 

メリット1:自社の商品を高品質に保てる

品質マネジメントシステムの国際規格を取得しているおり、それを基に社員一丸となって徹底した倉庫管理を行っているため、商品の品質を落とすことなく消費者のもとに届けることができます。

 

また、ニューウェイではハンガー保管、棚保管、コンテナ保管など商品それぞれにあった方法で保管を心掛けています。そういったことからも大切な商品を安心してお預けいただく環境が整っています。

 

メリット2:あらゆる管理が低コストで実現可能

創業以来アパレルに特化した物流事業を行っているニューウェイでは長年蓄積されたノウハウを持っているため、物流にかかわるあらゆる工程をスムーズに、無駄なく進めることができます。そのため、低コストでのアウトソーシングを実現しています。

 

メリット3:自社の生産性を大幅に上げることが可能

流通システムを仕組み化するまでには、多くの知識、ノウハウ、時間を要します。煩雑になりがちなあらゆる管理もニューウェイにお任せいただければ、自社でしかできない業務の生産性を上げることも可能となります。

 

メリット4:さまざまな事業の物流代行が可能

BtoB、いわゆる百貨店・量販店への流通だけでなく、BtoC事業者であるECサイト運営者の物流や、受発注・コールセンター等のアウトソーシングももちろん可能です。

 

生産者・販売事業者の視点に立って、売り手のニーズと顧客のニーズに沿った管理や改善案の提案などあらゆる観点から事業をサポートしています。

 

拡大し続ける通販市場で雑貨を取り扱いたい、雑貨商品の物流業務で悩んでいる、自社の業務負担をしたい…。物流においても各事業者様でさまざまなお悩みがあることでしょう。

 

私たちニューウェイはお客さまとともに、お客様企業の物流業務改善、品質向上、エンドユーザーの満足度向上に取り組んでまいります。

 

まずはお気軽にご相談ください!

 

お問い合わせはこちらから

関連記事