アパレル業界における物流アウトソーシングする2つのメリット

ワザモノ編集部

2020-10-09

米老舗企業が倒産するなど、アパレル業界を取り巻く環境は厳しさを増しています。こうした時代に生き残りのカギを握るのは物流改革です。改革をスムーズに進めるには、経験に裏打ちされたノウハウが欠かせません。だからこそ、信頼できるアウトソーサーに任せるべきともいえます。今回は、アパレル業界の物流のアウトソーシングについて解説します。

 

アパレル業界の物流でアウトソーシングできる範囲はどこまで!?

昨今のアウトソーシングの業務範囲は幅広い

近年、物流のアウトソーシングの範囲は拡大しています。入出庫や在庫管理だけでなく、ピッキング、物流加工、返品対応さらには受発注管理・クレーム対応までカバーしており、うまく活用すると自社にとって大きなメリットにもなります。

 

アウトソーシング前は業務委託範囲を明確に

外注業者をうまく活用するためには、自社のビジネスモデルに照らし合わせ、どの範囲をアウトソースし、どの範囲は自社に残すのかを決めることがポイントになります。外注範囲を決める際の決め手となるには、何を自社の「コアビジネス」と捉えるかです。

 

アパレルの物流をアウトソーシングする2つのメリット

メリット1「業務負担軽減」

アパレル事業者に得意先が求めていながら、なかなか自社で内製化できないものとして物流加工・返品対応があげられます。こうした領域をアウトソーサーに任せた際の利点を紹介していきます。

 

物流加工の業務を委託するメリット

アパレルの特性として、得意先から専用札の値付け・裾つめ等のリフォーム・検針・ポップの添付といった物流加工を求められることが多いです。とはいえ、規模が小さなアパレルでは、こうした作業に精通している社員を抱えているケースは少ないのが実情です。物流加工に熟練しているアウトソーサーに任せることで、業務負荷の軽減メリットが期待できます。

 

返品対応の業務を委託するメリット

また、商品の出荷は荷姿・配送ルート・受発注ルールなどがきちんと整っているケースが多いですが、一方で返品は、荷姿がバラバラだったり、宅急便で返ってくることも多く、伝票記載がきちんとしていないケースもあります。想定している以上に業務負担がかかりやすく、アウトソースによる負荷軽減のメリットは大きいといえます。

 

メリット2「物流コスト固定化リスクの回避」

 

物流をすべて内製化できてしまえば、理想の物流インフラを構築することができます。ただ、内製化によるコスト面を収益で吸収することができるのは、アマゾンのような巨大企業だけです。

 

中小企業などで流通の内製化を実現しようとした場合、倉庫の維持管理費や固定資産税、人件費などの物流コストが固定化され、商品の取扱量が落ち込んだ場合に、固定化した物流コストが重くのしかかります。

 

物流をアウトソーシングすることができれば、物流コストの固定化リスクを避けることができます。

 

アパレル物流なら流通のスペシャリスト「ニューウェイ」へお任せを!

 

アパレルに携わっている企業様の中でアウトソーシングを検討している場合は、ぜひニューウェイへご相談ください!

 

最後にニューウェイの3つの強みについてご紹介します。

 

ニューウェイの強み1:アパレルの物流アウトソーシングの専門性に自信あり

創業以来アパレルに特化した物流事業を行ってきたニューウェイは、長年蓄積された経験を基に物流のアウトソーシングサービスを提供しています。確かな技術と知識でお客様企業の物流をサポートいたしますので、ご安心いただけます。

 

ニューウェイの強み2:業界屈指の低コストにだれもが驚愕!

ただ安いだけではない、長年のハンズオンで培われたノウハウに基づく強靭な低コストにてサービスを提供しております。お客様のご予算にあわせたサービスプランのご提案も可能ですので、まずはお気軽にご相談ください!

 

ニューウェイ強み3:お客さまへ届ける高品質こそがわれらの誇り!

ニューウェイは品質マネジメントシステムの国際規格(ISO9001)を取得しています。それにもとづき社員教育を徹底しているため、お客様の商品を高品質のままエンドユーザーのもとへお届けすることが可能です。また、お客様の大切な商品をより良い環境で保管をすべく、コンテナ保管、棚保管、ハンガー保管など、商品に合った最適な保管方法で商品を守ります。

 

先にも述べた通り、とくにアパレルの流通加工に関しては豊富な経験を蓄積しており、お客様企業を十分にサポートできる体制が整っていると自負しています。

 

わたしたちニューウェイは、ご依頼主(生産者・販売事業者)の事業特性を踏まえつつ、サプライヤーからエンドユーザーまでのサプライチェーンを俯瞰して最適な管理を実行します。同時に、プロセス改善提案などあらゆる観点から事業をサポートしています。

 

自社物流の見直しを検討されている企業様、小売りチャネルからのムリな要請に振り回されているアパレル関係者様など、物流に関するお悩みがありましたら、ぜひニューウェイへご相談ください!

 

お客様とともに、最適な事業構築やエンドユーザーの満足度向上を目指します。

 

お問い合わせはこちらから

関連記事