効率化・コスト削減をするなら基本を見直せ!物流の本質と目的とは

ワザモノ編集部

2020-09-11

自社の物流の効率化やコスト削減など見直しを図る場合、何から見直しを図るべきか、頭を悩ませる物流担当者も多いかと思います。こうした場合、まずは、物流の本質と目的を改めて理解したうえで、自社に必要な見直しポイントがどこかにあるかを導きだす必要があります。ここでは、物流の本質と目的について解説していきたいと思います。

 

物流とは

物流の本質

物流とは、商品を扱う一般企業がその商品を消費者へ届ける過程のことを指します。ここでいう過程には、商品をただ運ぶといったことだけでなく、商品の保管、包装するといった配達に必要な項目も含みます。

 

物流の主な機能としてよく言われる6大機能とは、「輸送・配送」、「包装」、「保管」、「荷役」、「情報処理」、「流通加工」を指しますが、この中でも「輸送・配送」、「包装」、「保管」、「荷役」、「流通加工」は、物流の5大機能と言われています。

 

商流との違い

流通の中には、「物流」と「商流」があります。商流とは、商品の売買などの課程で、物の所有権が移ることを指し、物を販売して、その代金を回収することを目的とします。

 

これに対して物流は、商品を販売した後、実際に商品を消費者に渡すまでを目的とします。消費者にとっては、商品が届かなければ、お金を払った意味がなくなります。商品を販売する側にとっては、消費者の信用を得るためにスムーズな物流を展開することが、とても大事なファクターであるといえます。

 

ロジスティクスとの違い

物流を細分化すると、「製造物流」「販売物流」「調達物流」などに分かれていきます。それぞれの物の流れを一括管理することで、より効率的な物流を可能にする思考法のことを、「ロジスティックス」といいます。

 

物流の目的と6つの機能

 

そもそも物流は、生産側と需要側に存在する時間的差異や空間的差異を埋めることを目的とします。従来より求められた時間的差異や空間的差異に加え、近年では一切の無駄を省き、どれだけ素早く届けられるかといった目的も含まれています。

 

以下に記した6大機能と呼ばれるシステムは、そういった時間的差異や空間的差異を埋めるために行われているシステムです。

 

1.輸送・配送

生産側から需要側へと物を届けるシステムが、輸送と配送です。物流コストのうち、60%以上を占めるのも、この輸送と配送とされます。

 

2.包装

送り届けるモノや商品の傷や破損といったダメージを事前に防ぎ、荷物を守るために必要なプロセスのことをいいます。

 

3.保管

効率的に物を届けるために時間調整などを行うフィールドを意味します。

 

4.荷役

物の運搬や移動を行うプロセスのことをいいます。荷役には、「運搬」「荷揃え」「仕分け」「ピッキング(集荷)」「積み付け・積卸し」「棚入れ(保管)」といった過程があります。

 

5.情報処理

受注から配送までの一括管理を行うための情報処理システムを意味します。現代の物流業界では、このシステムを構築することは不可欠とされています。

 

6.流通加工

物流センターや倉庫へ届く品物を分解し、仕分けて包装する作業することを意味します。

 

すべての物流業務を効率化・コスト削減を目指すならアウトソーシングも1つの手!

 

物流サービスのコストは年々上昇しています。その背景には、インターネット通販利用者が急増しているため、競争が激化していることが指摘されています。

 

物流には、入庫や棚卸しといった在庫管理、梱包やピッキングといった発送までに必要な作業のほか、配達するドライバーなどの人件費やトラックの燃料代、倉庫の冷暖房などの設備費など、さまざまなコストがかかります。一方で、インターネット通販の利用者のほとんどは、単品や少量の注文です。

 

単品や少量の荷物では、1つあたりの物流単価がどうしても高くなってしまいます。自社で物流まで行うとすれば、右肩上がりで売り上げが伸びている状態の時は問題はありませんが、ひとたび売り上げが落ち始めれば、商品一つあたりの物流コストが高いため、万全の発送体制を整えていても、リスクが高くなる懸念があります。

 

その他に、自社で物流まで行うといったケースにおけるデメリットとして、特定の季節に売れる商品を扱っている場合、その商品が売れる時期に合わせて大きさの倉庫や設備を用意しておかねばならず、その商品が売れない時期もその設備を維持し続けないとなりません。これではコスト的に大変非効率といえます。

 

このため、こうしたリスクを避けるために物流を自社だけでは行わず、アウトソーシングを利用する会社は年々増加傾向にあります。

 

アウトソーシングを利用する際には、自社の売上の実態やサービス内容に合わせて柔軟に対応、サービスを提供してくれる代行業者を選ぶのがポイントです。

 

ニューウェイなら自社に最適なソリューションをご提案!

 

ニューウェイは流通業や物流業のアウトソーシング事業に特化していて、創業より「お客様第一主義」を徹底し、お客様と共に新たな物流を築き上げています。

 

アウトソーシング事業のほかには、物流コストの削減・見直しや、流通全般のサポートも行っており、時代のニーズに合った流通システムの構築まで、お客様の課題点を明確にし、レイアウト設計から人員計画、業務フローのマニュアル化、システムの開発など様々な問題に対応いたします。

 

物流に関してのお悩みやアウトソーシングのご利用をご検討の際には、ぜひ株式会社ニューウェイへお問い合わせください。

 

お客様の企業発展のため、そして品質向上のお手伝いを全力でサポートさせていただきます。

 

まずはお気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせはこちらから

関連記事